読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキ!スポーツ

新米の中年OLライター【那須 美沙子】です。スポーツが好きな人が好きで、競技者やその周囲の方の思いに触れることが好きです。どうぞよろしくお願いします!

名門のカギは女人禁制?ゴルフとフリーメイソンの関係

東京オリンピックのゴルフ競技の開催地となっている霞ヶ関カンツリークラブ(以下、霞ヶ関)

 

埼玉県初のゴルフ場として川越市内に誕生したのは1929年のことでした。

 

この年は大阪で阪急百貨店が開店したり、北海道の駒ケ岳で噴火が遭ったりしましたが、歴史の教科書にも登場する出来事・世界恐慌が起きています。

 

なんと霞ヶ関が開場した2週間後の出来事だそうですから、当時のバブル経済前夜とも言えそうな状況下に誕生したと言えそうです。

 

その後は戦争等、幾多の苦難を乗り越えて現在もゴルファー達を迎え入れている、歴史ある老舗の名門クラブです。

 

そのクラブが今、女性に会員の門戸を広げるかどうかで話題となっています。

 

なんでも日曜日もプレーできる「正会員」という制度があり、女性は正会員になれないのだそうです。

 

女性は血を連想させる穢れの象徴だとか思ってる男性は、まさか現代にも存在しているのでしょうか!?

 

平和の象徴でもあるオリンピックで、いまどき女人禁制のある会場を使用するなんてと、違和感を持つ声が上がり始めたのです。

 

さて埼玉県と言えば、かつては学区で最も偏差値が高い県立高校は男子校・女子高でした。(今でもその名残がある地区もあります。)

 

創立が古く歴史があり、ユニークで優秀な卒業生を多く送り出し、かつ文武両道を貴ぶ自由な校風は、地元っ子のあこがれの存在で、校名の頭文字をとって●高(女子高の場合は●女)と呼び、入学させれば親も鼻高々、卒業後も「●高出身」ということで一目置かれる存在になれる土地柄です。

 

霞ヶ関も、会員は男性のみと敷居を上げることで、文武両道男子校のプレミアム感を醸し出させ、名門性を上げるのに一役買っていたように思えるのです。

 

つまり霞ヶ関の会員というステータスには、例えるなら●高出身のステイタスホルダーと同じような気分を味わえるツールなのではないでしょうか。

 

そういえば川越市長も、先日この問題に対し、何が問題なのか困惑、とコメントされていましたが、おそらく頭に浮かんでいたのは、同じ川越市内にある川高の存在だと思います。

 

川高こと川越高校は男子校で、ノーベル賞を受賞した梶田隆章さんや作家の内田康夫さん、アナウンサーの辛坊治郎さんといった素晴らしいOBを輩出した、由緒正しい優秀校で、もちろん地元の方の羨望も信頼も抜群です。

 

あまりに身近な存在すぎて、男性ONLYの看板自体に問題視する方がいることまで、頭が回らなかったのではないかと思えてなりません。

 

そういえばゴルフは、ウサギの巣穴に石を入れる昔の遊びがルーツだそうですが、盛り上がりをみせ愛好家の輪が広がってゆくと、18世紀にはゴルフクラブの元祖が誕生します。

 

イギリスで要塞や貴族の邸宅などを手掛ける石大工の組合から生まれた同好会がそれで、中心メンバーはフリーメイソン会員でもあったとか。そういえばフリーメイソンも、一定の資格を満たしていないと入会できない、女性は入会できない組織ということで、あら不思議、繋がった!?

 

異性の目があると、案外身だしなみや優しさ等に気をつけて行動するものですが、同性ONLYの組織の中だと「ま、いいや」となってしまいがち。

 

ゴルフには、襟のついたシャツ着用等のドレスコードがあったり、コースの使用には会員同伴でないといけないとか、その会員になるには現会員の推薦状がいるとか、他のスポーツにはないハードルが存在しますが、同性同士でプレーする際も、「ま、いいや」と自分を律せられる方が集うのが名門クラブの証、というのも、なんとなーく理解できるような気もします、いい悪いは置いといて。

 

 

 

若者の野球離れは中継延長放送の恨みの延長だった!?

 

若者の○○離れを憂う業界に、野球も含まれているのでしょうか。

 

かつては小学生のオシャレの定番だったプロ野球のレプリカキャップも、いまや街で被っている子を見かけることがほとんどなくなってしまいましたし、休日にキャッチボールをする父子の姿を見ることもなくなってしまいました。

 

 

街の変化に呼応するかのように、かつては毎日のように放映していたプロ野球の試合のテレビ中継は、今では地上波で見ることがほとんどなくなってしまいました。

ということはもう、お父さんvs子供(たち)のチャンネル争いとか、タイマー録画の開始時間予測バトルといったことを経験せず、平和にテレビをご覧になっているのですね、うらやましい!ではそんな平和世代の方々のために、この二つのバトルを解説いたしましょう。

 

 

世のお父さんたちはかつて、晩酌のお供に野球中継を見ていました。

居間やダイニングにはテレビは1台しかありませんから、お父さんが野球中継を独占してしまうと、子供たちが見たい裏番組が見られなくなってしまうためにバトルが生まれます。お父さんはご自身が野球を好きで見ているという側面もあるのですが、職場の上司や仕事の取引先との話題作りのための視聴、という側面もあったため、中立な立場のはずのお母さんは、一家の大黒柱・お父さんの肩を持たざるを得なかったのですが、子供にはそんな大人の事情なんか分かりません。だから野球が点いているたびにバトルが勃発するのです。

 

もし父子両者がこのバトルへ和解することなく、野球への恨みや理不尽さを抱えたままこの子が大人になったとしたら、本当は楽しい野球に対して、常によからぬ感情をぬぐえず、敬遠しながら生活することでしょう。

 

タイマー録画の件は、録画する人とテレビ局とのバトルです。

 

野球の試合は選手や審判といった人が運営を行います。

 

だから、野球中継の次の番組スケジュールが決まっていようが、次の番組が始まる△時にスパッとゲームセットとはなりません。

 

そこでテレビ局は、野球中継を延長するタイムスケジュールに組み直し、試合が長引けば中継の方を優先して分刻みで延長し、後続の番組開始時間を後ろ倒しにしていたのです。すると野球中継の後の番組を録画したくてタイマーをかけてしまうと、お目当ての番組がなかなか始まらないとか、途中で録画時間が終わってしまいラストが見られなかった、という問題が起こるのです。

 

もしも野球中継が急に延長されても、見たい番組のタイマーが始めから終わりまで完璧に録画できる技術が当時あったなら。

 

インターネットの検索で、『野球中継 延長』にスペースを入れると即座に『ウザい』と候補が出てくるようなことはなかったでしょう。

 

これらのバトルを経験した世代は今、結婚して父・母となり子育て中の方が多いです。

 

もしもまだ本気で当時のテレビ事情と野球との関係を根に持ち続けていて、子供を野球に触れさせないようにしているなんてことはないでしょうか…?

 

 

稀勢の里パパに学ぶ、子供を横綱に育てる方法

大相撲の初場所は、稀勢の里関の初優勝で幕を閉じ、『スポニチアネックス』で稀勢の里関のお父様のお祝いコメントを掲載したのですが、読み手を温かい気持ちにする、素敵なものでしたので、とても記憶に残っています。

 

 

私たちも承知している通り、現代の相撲界は、文化や言葉の壁を乗り越えたハングリー精神あふれる外国人力士たちが台頭しています。

 

しかも体格やパワー面でも恵まれている力士が多く入門する中、日本人力士たちには厳しい時代となっております。

 

稀勢の里関も例外にもれず、肝心なところで負けてしまうとか、幕内に入ってからの伸長が鈍くなったとかいった声も、しばしば飛んでいるような状況でした。

 

周囲から聞こえてくる自分の子供の評判が厳しいものだったら、周囲の声が多ければ多いほど、大きければ大きいほど、そちらの声の方が真実かもしれないと心細さから気持ちが傾いてしまいそうです。

 

心配のあまり、自分の子供が頑張る姿より、リラックスした普段に見せる、リラックスした子供の姿を思い出して「だから駄目なんだ」と苛立ってしまったり、親として気の利いたアドバイスをしたくなり「努力が足りない」「辛抱しろ」などと叱咤したりしてしまうもの。

 

傷つきやすいと言われるゆとり世代ではない、むしろ子供を持つ親世代の私でさえ、書いていて苦しくなってしまったのですが、親からこんな言動を受けてしまったら、子供の側は悲しくてぼろ雑巾のような気分になってしまいそうです。

 

 

相撲好きを自任する稀勢の里パパは、自分の息子も含めた日本人力士たちが厳しい業況下に置かれていることが見えていました。

 

それでもまた、息子が一歩ずつ『順調すぎるほど順調』に伸長した『とんとん拍子の出世』をしていることも見えていました。

 

心ない外野の声に動じず、子供が頑張っている姿をきちんと評価し、見守り続けていたのですから、稀勢の里関はとても嬉しく、心強かったことでしょう。

 

温かさと寛容さとをたたえ、まさに親の鏡です。反射鏡がまぶしすぎて、羨ましささえあります。わが親もこうだったらな、なんてね。

 

 

お父様は『「おめでとう」と言うよりはこれからなお一層頑張らなきゃいけないと思うと気の毒になったというのが本音です』とコメントを結びますが、これがまるで予言のように、一週間後、稀勢の里関は横綱になりました。

 

横綱になっても天狗になるような子じゃない。

 

周りの期待を一身に受け、ますます頑張る子だから…と思っていらっしゃるってすごい!だって世の親は、周囲と比べてうちの子はダメなんじゃないかって、心配しているものでしょう?でも、こういうマインドがないと、横綱になるようなよい子を育てられないということでもありましょう。

 

 

 

ドーピング検査官の厳しさとアスリートへの愛情は比例する!と思うことにする

先日、北京オリンピックで金メダリストとなった男子400メートルリレーの選手の選手が、禁止薬物接種の疑いで金メダルはく奪となるニュースが流れました。北京オリンピックからはすでに二度のオリンピックが開催された後に遡ってまで処罰されてしまうのだと驚きましたが、摂取が疑われてしまうと、遠い昔の試合まで遡って記録の正当性を調べ上げられてしまうのですね。

 

 

 

試合の結果を否定することは、試合に向けて調整してきた日々の苦しいトレーニングや食事の管理までが否定されるような気分でしょうし、調査結果が出るまでの間は胃が痛い、苦々しい気分がずっと続くのでしょうから、選手としてはボロボロ・プライドずたずたなメンタルになるのではないでしょうか。

 

結果次第では、ドーピング違反アスリートの烙印を生涯負い続けることとなりますし、そんな危険を冒してまでなぜ、禁止薬物の手を借りたい誘惑に駆られてしまうのでしょうか。

 

 

 

知人の弁護士と話した時のことを思い出しました。もっとも弁護士の場合の頑張りの対象は受験勉強ですが、自分では極限まで頑張っていたとしても、周囲にも同じように頑張られてしまうと自分は合格者の枠からはじき出されてしまうのではという恐怖にかられるそうです。

 

だからもし、合格のための禁断の飛び道具を差し出されたとしたら、つい受け取ってしまいそうなほど追い詰められた、とても弱った精神状態だったそうです。だから、ドーピングに手を染めてしまうアスリートの気持ちと似ているような気がする、と言っていました。確かに合格を勝利と読み替えると、理解できるような…?

 

 

 

 

メンタルが不安定で、正しい判断が出来ない状態だったとはいえ、自発的にドーピング行為をしてしまうケース以外にも、ライバルに「毒を盛られた」みたいなパターンとか()、食べたものや病気で処方された薬から摂取していたような、受動的ではあるけれど検査で検出されちゃったようなケースも考えられると思うのです。

 

 

食品は、添加物や農薬が生産性を上げるために必要なことはわかるけど、食べたら体に取り込まれてしまうことはないのか?肉や魚のエサに含まれている場合は大丈夫なのか?製造工場で使っている容器の洗浄剤は?化粧品や香水のニオイをかいでも摂取されるの…?もしこれらの行為に禁止薬物を摂取可能性がYESのものがあれば、アスリートは自分の選手としての能力を上げることに集中しながら生活しているのでしょうから、つい、うっかり、ってこと、あるんじゃないかしら。

 

 

 

だからどうか、検査官の皆様、重箱の隅をつつくような、目くじらを立てて調べ上げるような検査だけはしないで欲しい…!と言うのが、スポーツ愛好家たちの総意でありましょう。

 

 

いや、検査官だって、本当はこんな嫌われ仕事、つらいに違いない。

 

それでも手を緩めることなく神出鬼没に選手の前に検査に現れる。

 

ドーピングに手を染め、選手としての人生を棒に振るわないで!禁止薬物で蝕まれ、心身が不健康なままの人生にしないで!って、愛するゆえの使命感で、アスリートたちを必死で守っているのかもしれないな、と今は思っています。

 

 

 

月桂冠がイバラになった!?優勝を手放す決意と不正を見過ごせなかったランナー達の正義の勝利

1月18日(水)のテレビ埼玉の夜のニュース「ニュース930」のトップニュースは、所沢シティマラソンで不正が行われたことを報じるものでした。

 

30分後に放映されるキー局の超有名ニュース番組のトップニュースで、やれ少女像ガーとか、ほれトランプ氏ガーとかを扱うのだから、地方局のほのぼのぶりに惚れ惚れするというものです。

 

 

ニュースによると、このレースでは不正が2行われてしまったそうなのですが、特に騒ぎが大きくなっているのは、ハーフ男子60歳以上の部の優勝者が、コースを外れて走ったため、優勝を辞退したいと申し出たという件です。

 

コースを外れて走った-要はコースのショートカット(近道)をしたというものですが、学生の時にやったわ(笑)!!と若い日のいたずらを思い出して胸を熱くした御方もいらっしゃるかもしれませんが、おイタの主が60才だとなると、大人としての分別はどこへ?と、ちょっと笑っていられなくなります。

 

思い返せば私の高校は、マラソン大会の参加が進級の必須条件でした。

その割に10km近い距離を90分以内だかに走らなければならないという過酷なものでした。

ですので運動が苦手だったり体力に自信がない人だったりには、苦行以外の何物でもない行事でした。

「同じ苦行なら、10分間滝に打たれる方がマシ!」という人もいました。そんな人たちの中には、ショートカットに挑む勇者もいたとか、いないとか。(笑)

 

この男性にも、わが母校の進級に匹敵するような、優勝しなければならない逼迫した事情がおありだったのでしょうか?

 

たとえば、優勝しないと今日の夕飯は抜きよ!と奥様から発破をかけられて送り出されたとか?夕飯が食べられないとおなかが空いて眠れず、つらいですけど、朝起きたらご飯がまた食べられるのだし、逼迫ってほどでもないよな。

 

 

そう言えば東京マラソンとかだと、婚約指輪を持って走って、ゴールしたらフィアンセにプロポーズしてるランナーがフィーチャーされることがありますね。

 

あんな感じで、大好きな彼女に愛を告白するつもりだったとか?優勝すれば告白に華が添えられて、成功率もアップ!…するかもしれないけど、彼女にズルがばれたら失うものも大きそうだし、これもないか。

 

 

結局、元優勝者の男性はテレビの取材に応じ、体調不良でコースアウトし、本部に戻ってくるつもりでゴールに着いたところ優勝となってしまい、コースアウトしてここへたどり着いたことを言い出しづらくなってしまったと語っています。

 

真実を語り、謝罪をしようという気になったのは、男性にマラソン愛好家としての良心が残っていたから、と思わずにはいられません。

 

一方で、優勝レースに不正があったのでは?を明るみにしたのもまた、マラソン愛好家たちの良心でした。

 

もしも彼らが動かなかったら、不正が隠されてしまったり、勝つためには手段を択ばなくてもよいという前例が出来ればレースの権威が下がってしまったり、そもそも人がマラソンをする意味すら分からなくなってしまいそうです。

元優勝者氏も、このような前例を作った第一人者となることは、本意ではなかったはずです。

 

調査者や仲介者といった第三者が入らず、両者のマラソン愛とスポーツマンシップが結実して解決したことは、とても興味深いトラブルです。

ツラすぎる体験は笑いに変わる!?ナルシストがマラソンを走ったら。

1月15日()に京都で行われた、皇后杯全国女子駅伝はご覧になりましたか?

 

かくいう私もテレビニュース内のダイジェスト映像でしか見ていないのですが、雪の降りすさぶ中、短パン・ランニング姿の女子たちがマラソンをしている姿がお茶の間を流れ、ご飯を食べていた私の箸と体の動きがフリーズを起こすほど、それはそれは衝撃映像でした。

 

横なぐりに降る大粒の雪の隙間を縫うようにランナーの姿がチラチラと姿を現すような状態で、「駅伝が行われ…」のアナウンスがなければ、現地の豪雪の模様をお伝えするニュースの中継映像のようになっていました。

 

続きを読む

Jリーガーもサラリーマン?!中村俊輔の移籍にみる選手がチームを去る決断をする時

Jリーグ・ヨコハマFマリノス中村俊輔選手が、ジュビロ磐田へ移籍するニュースを知った時、電車に乗っていたにもかかわらず「え!?」と声を漏らしてしまったほど驚いた。

 

普段からサッカーはよく見る方だが、他チームサポーターである私がこのリアクションなのだから、マリノスサポーターの皆さんの驚きは想像に難くない。

 

チームの顔ともいうべき選手や、日頃チーム愛を口にしている選手は、サポーターの内では、他のチームのユニフォームに袖を通すことはない、このチームで引退するだろうとの無言のコンセンサスがある。

続きを読む